お客様の声 東京都日野市 T様(平成15年完成) 東京都八王子市にある牧野製材所は、外断熱・新換気「SA-SHEの家」を利用した家造りを行っております。

  • 会社案内
  • News
  • HOME
  • 牧野製材所とは?
  • 涼温な家
  • 感じてみよう!住み心地体感ハウス
  • リフォーム事例

施工事例

HOME >> お客様の声 >> 東京都日野市 T様(平成15年完成)

お客様の声

一覧へ戻る

東京都日野市 T様(平成15年完成)

外断熱の家
お手紙をいただきました。

お客様の声

例年にない寒波が押し寄せて寒い年末のこの頃ですが皆様にはいかがお過ごしでしょうか。
去年は私宅を建てていただき、2度目の冬を迎えています。そこで少し感想を述べさせていただけたらと思いペンを執ることにしました。
 終の住処となる現在の家にはいろいろな面で満足していますが、一番大きな点は何といっても家の中(1階から小屋裏)の温度差がなく、暖かいことです。特に冬の季節にはこれが最も大きな関心事です。去年は3台全てのクレダを使って汗をかいてしまった日も時々ありました。今年は1階居間のクレダを11月末から、玄関ホールの小さいクレダを12月からつけて、それで間に合っています(3台目は2階のホールに設置してあります)。2階ホールのクレダは2月頃からと思っています。
家中の温度差が少ないので入浴時に服を脱ぐのも気合を入れて、ということもありません。もちろんシャワーでも平気です。寒がりの夫ですら、今でも敷布団1枚でも寒くないといっていますし、薄着で過ごしています。

前の家で毎日悩まされていた窓の結露も全くありません。良い事ずくめですが、難点も2つ言わせてもらいます。
1つはクレダの放熱量つまみのデザインです。つまみが小さくてつまみにくいこと、これはお年寄りや手元の不自由な人にはかなり動かしにくいと思います。イギリス人はなかなか頑固でスタイルチェンジしないと思いますが、是非「お客の要望」として、ユニバーサルデザインとしてつまみが大きく、回しやすいものに改良して欲しいです。
 もう一点、暖かいのはいいのですが、乾燥には困りました。冬場は湿度計で計ると50パーセントを切ってしまいます。夜中にのどの渇きで目がさめます(洗濯物をわざとベッド上の物干しにつるしておくと一晩でカラカラに乾きます)。これは予想外でした。女性にとって乾燥は恐ろしい敵です。今年はポットをわきたたせ湯気を充分たててから寝ています。湿気も乾燥も、やはりほどほどがよいかもしれませんね。
我が家の南面に今年の春から家が建ちます。つまり陽射しが遮られるわけですが、3年目の冬、今までと同じ暖かさが保てるか今から楽しみにしています。
また西側にも2軒建ち始めています。どのお宅も間取りやバリアフリーの廊下、システムキッチンやオール電化の話だけで、「住み心地」が良いかどうかには全く関心がないようです。
私は松井さんの本(「いい家」が欲しい。)を勉強できたこと、牧野製材所さんの広告を偶然みて、現場をみて、そして我が家を建てていただいて本当に幸運だったと思います。現にテレビや新聞をにぎわしている構造手抜き問題をみるとつくづくそう思います。
 思いつくまま、べらべらと書き散らしてしまいました。
お忙しい年末ですが目を通していただけたら幸いです。また、お客さんを案内してくる必要があったら、いつでもどうぞお越しください。
2005年12月27日

TOP

株式会社牧野製材所 本社:相模原市緑区牧野8708 八王子体感ハウス:八王子本町20-11

TEL.042-649-6701

お問い合わせはこちら